運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転適正相談

運転免許を取得するときの適性検査に不安がある人は、あらかじめ運転免許試験場や免許センターで運転適正相談を受けることができます。

かつては精神病、てんかん等の病気をもっている人は、運転免許の取得ができず受験資格すらありませんでした。
現在では平成13年の道路交通法改正によって、そのような病気による一律の欠格事由が廃止されたため運転免許の取得が可能かどうかは個別に判断されることとなりました。

少なくとも病気の有無によって無条件に不適格と判断されることは無くなりましたが、誰でも免許取得が可能だという意味ではありません。
仮に試験に合格したとしても、一定の条件を満たしていないために運転免許が取得できないこともあります。
道路交通の安全を確保するためには仕方がないことではありますが、少なくともあらかじめ相談しておくことで自分の適性を判断することは可能です。

運転適正相談の内容
  ◇身体に障害がある人が運転免許の取得を希望する場合
  ◇教習所入所時の適性検査の合否に不安がある場合
  ◇その他運転免許取得に関して心配がある場合

運転適正検査
身体の運動障害の程度に応じて『運転能力判定車』という検査機器などを使って判定されます。

◆運転適正検査の項目
  ◇ハンドル操作の確実性・持続性
  ◇アクセル・ブレーキ・クラッチの円滑性・確実性
  ◇チェンジレバーの円滑性・確実性
  ◇アクセル、ブレーキの踏み替え能力
  ◇視力、視野、深視力、聴力、色彩識別能力


免許の申請や更新の申請時には、次のような項目について記載を求められます。
この項目に該当する人や、自動車等の安全な運転に支障をきたす可能性がある場合には、症状等について具体的な説明を求められることもあります。

◇病気を原因として又は原因は明らかでないが、意識を失ったことがある方
◇病気を原因として発作的に身体の全部又は一部のけいれん又は麻痺を起こしたことのある方
◇十分な睡眠を取っているにもかかわらず、日中、活動最中に眠り込んでしまうことが週3回以上ある方
◇病気を原因として、医師から免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けている方


耳の聞こえにくい人や言語に障害のある人、身体の障害など運動能力について心配な人だけでなく、上にある症状に心当たりがある人は、免許の取得や更新が可能かどうか確認しておいた方がよいでしょう。

※運転適正相談を受け付けている曜日と時間は、各運転免許試験場・運転免許センターにより異なります。
 住所地の運転免許試験場・運転免許センターにあらかじめ確認し、必要であれば予約してください。

※身体障害者手帳の交付を受けている人は相談を受ける時に持参しましょう。


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 外国免許の切替え手続

外国免許の切替え手続とは、外国で取得した運転免許証を日本の運転免許証に切替えるために必要な
申請手続きです。
外国免許の切替え手続は『運転免許試験場』『運転免許センター』で行なうことができます。


申請の条件
申請する都道府県に住所がある人
有効な外国免許証をもっている人
  ※仮免許証ではいけません
外国免許を取得してから、免許証を取得した国に通算して3か月以上滞在している人
  ※パスポート等で確認できることが必要です
日本の道路交通法で定められた、年齢・経験などの取得条件を満たしている人

申請に必要なもの
外国の運転免許証
外国免許証の翻訳文
  ※免許証を発給した国の大使館、領事館または日本自動車連盟(JAF)が
   発行したものでなければいけません
日本国籍の人・・・本籍が記載された住民票
外国国籍の人・・・外国人登録証明書と登録原票記載事項証明書
滞在期間を証明する書類(パスポート、船員手帳など)
免許用の写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、6ヶ月以内のもの)
  ※知識・技能の確認が必要な申請では2枚必要です
国際運転免許証(ジュネーブ条約加盟国のものを持っている人)
日本の運転免許証(有効、失効は問いません。持っていない人は不要です)
運転免許申請書(申請するときにもらえます)
申請手数料
  ※普通免許:2,400円、原付・小特免許:1,650円、その他:3,300円
交付手数料(1,650円)
  ※1種目増えるごとに200円が加算されます

手続の内容
外国免許の取得から取得国に3か月以上滞在していたことを確認します。
  ※取得年月日・交付年月日の記載が無い場合や、3か月以上の滞在が確認できない場合には、
   別途取得年月日の証明書が必要になることがあります。
   申請前にあらかじめ確認しておきましょう。

滞在期間の確認後、日本の道路交通に関する知識の確認をします。
  ※問題は10問あり、7問以上正解すると合格です。

知識の確認に合格すると、適性試験をします。
  ※眼鏡等が必要な人は必ず持参しましょう。

適性試験の後、免許センター内の技能試験コースで運転技能の確認をします。
  ※日本の法規に従って運転します。事前に勉強をしておきましょう。
  ※自動二輪を申請する際は、手袋、ヘルメットの持参が必要です。

知識の確認、技能の確認の免除について
申請する免許種別と同じ日本免許を過去に持っていた人は知識の確認、技能の確認を
免除される場合があります。
  ※期限切れの免許証を提出して証明することが必要です。

外国免許証を発給した国によって、申請場所や必要書類が異なります。
 あらかじめ運転免許センター、自動車運転免許試験場に確認してください。


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 国外運転免許証(国際運転免許証)の申請手続

国外運転免許証(国際運転免許証)の申請手続とは、日本国内で免許を取得した人が外国で運転するために必要な申請手続きです。
国外運転免許証(国際運転免許証)の申請は『運転免許試験場』『運転免許センター』の他、執務時間内であれば住所地を管轄する警察署でも行なうことができます。


申請の条件
申請する都道府県に住所がある人
有効な運転免許証をもっている人

申請に必要なもの
国外運転免許証(国際運転免許証)交付申請書
  (申請用紙は試験場・警察署にあります。)
運転免許証
申請用写真1枚 (縦5.0cm×横4.0cm、6ヶ月以内のもの)
パスポート
外国に渡航することを証明する書類
  (船員手帳、国外渡航証明書、飛行機のチケット、旅行会社発行の日程表など)
印鑑
手数料 2,650円

手続について
運転免許試験場、運転免許センターで手続きをすると即日交付されますが、警察署で手続きをした場合には約14日後(行政庁の休日を除く)に交付されます。
国外運転免許証(国際運転免許証)を申請する人が既に外国にいる場合は親族などによる代理人申請が可能です。
郵送での交付を希望する場合には交通安全協会に依頼します。(手数料900円)

代理人申請について
代理人申請をする場合には、運転免許証の有効期限が3か月以上なくてはいけません。
代理人申請をする場合には、本人申請に必要な上記のものの他に必要なものがあります。
代理人申請で必要なもの
代理人にあてた委任状の原本(コピーではいけません)
申請者と代理人との関係が明らかにできるもの
本人の運転免許証
パスポートの全ページのコピー

国外運転免許証(国際運転免許証)について
国外運転免許証(国際運転免許証)では、ジュネーブ条約に加盟している国での運転が可能です。
国外運転免許証(国際運転免許証)の有効期間は発給された日から1年間です。
  ※1年以内であっても日本国内の運転免許証が失効すると、国外運転免許証(国際運転免許証)も失効します。
  ※日本国内の免許証の有効期間が1年以内でも国外運転免許証(国際運転免許証)の申請は可能です。
  ※日本国内の免許証の有効期間が外国滞在中に失効するような場合は、更新の特例手続が必要です。
持っている運転免許が「大型特殊免許」「小型特殊免許」「原付免許」「仮免許」だけの場合には申請できません。

必要な書類や手続きの詳細および受付時間などは、運転免許センター、自動車運転免許試験場にお問い合わせください。


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転免許証の再交付申請手続

運転免許証を紛失や汚損、破損した場合には再交付をすることができます。
特に紛失した場合には、免許不携帯の違反になりますからできるだけ早く手続きしてください。

運転免許証の再交付申請は『運転免許試験場』『運転免許センター』の他、執務時間内であれば住所地を管轄する警察署でも行なうことができます。

運転免許試験場、運転免許センターで申請した場合は即日交付となりますが、警察署で申請すると後日交付となります。

警察署では手続きできない場合もありますから、事前に確認してください。

申請に必要なもの
運転免許証再交付申請書(受付場所でもらえます。)
運転免許証を紛失した場合・・・運転免許証(遺失等,盗難)事実てん末書
  (受付場所でもらえます。)
運転免許証を汚損、破損した場合・・・汚損、破損した運転免許証
申請用写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、6ヶ月以内のもの)
身分を確認できるもの
(健康保険証、住民票の写し、パスポート、学生証、社員証、身体障害者手帳、年金手帳、他官庁発給の許可証(免状)、・外国籍の人の場合は外国人登録証明書又は登録原票記載事項証明書)
印鑑
手数料 3,200円


記載事項の変更を同時に行う場合
再交付の申請の時に記載事項の変更を同時に行なうことができます。

申請に必要なもの
上記再交付申請に必要なものの他、次のものが必要です。

本籍、氏名、生年月日に変更のある場合
・本籍が記載されている住民票の写し1通(コピーではいけません)
・外国籍の人の場合は外国人登録証明書又は外国人登録済証明書

住所に変更のある場合
・新住所を確認できる書類1通
(住民票の写し、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物など)


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転免許証の記載事項変更手続

運転免許証の記載事項変更手続は『運転免許試験場』『運転免許センター』の他、執務時間内であれば住所地を管轄する警察署でも行なうことができます。
手続きを行なっていない警察署もありますから、事前に確認してください。

既存の運転免許証の場合
申請に必要なもの
運転免許証記載事項変更届(試験場・警察署でもらえます。)
運転免許証
本籍、氏名、生年月日に変更のある場合
・本籍が記載されている住民票の写し1通(コピーではいけません)
・外国籍の人の場合は外国人登録証明書又は外国人登録済証明書
住所に変更のある場合
・新住所を確認できる書類1通
(住民票の写し、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物など)

IC免許証(電磁的方法の記録による免許証)の場合
申請に必要なもの
既存の運転免許証と同じです。

申請場所
運転免許試験場・運転免許センター
・本籍、住所、氏名、生年月日の変更手続が可能です。
・ICチップに記録するための機器が設置されています。
・住所地以外の情報はICチップに記録されます。

即日交付警察署の運転免許窓口
・本籍、住所、氏名の変更手続が可能です。
・ICチップに記録するための機器が設置されています。
・住所地以外の情報はICチップに記録されます。

住所地を管轄する警察署の運転免許窓口
・本籍、住所、氏名の変更手続が可能です。
・ICチップに記録するための機器が設置されていません。
・既存の運転免許証と同様に本籍を除いて裏面記載となります。


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転免許証の更新 有効期限内

運転免許証の更新手続は『運転免許試験場』『運転免許センター』の他、住所地を管轄する警察署でも手続きできる所があります。
※手続きを行なっていない警察署もありますから、事前に確認してください。


通常の更新期間内に更新手続きをする場合

運転免許証の更新期間
有効期間が満了する誕生日の1ヵ月前から、誕生日の1ヵ月後までの2ヵ月間

申請に必要なもの
運転免許証更新申請書(試験場・警察署でもらえます)
運転免許証
運転免許証更新連絡書(事前に送られてくるハガキです)
写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、6ヶ月以内のもの)
※各運転免許センター・自動車運転免許試験場に申請する人は不要です。
※他の都道府県からの住所変更及び停止処分中や、紛失等の理由で運転免許証を提示できない場合は
必要です。
講習終了証明書(高齢者講習又は特定任意講習を受講済の方のみ)
申請手数料
  ・優良運転者講習(30分)受講の人 2,800円
  ・一般運転者講習(1時間)受講の人 3,150円         
  ・違反運転者講習(2時間)受講の人 3,800円
  ・初回運転者講習(2時間)受講の人 3,800円
  ・講習が免除の人 2,100円


記載事項の変更を同時に行う場合
再交付の申請の時に記載事項の変更を同時に行なうことができます。

申請に必要なもの
上記更新申請に必要なものの他、次のものが必要です。

本籍、氏名、生年月日に変更のある場合
本籍が記載されている住民票の写し1通(コピーではいけません)
外国籍の人の場合は外国人登録証明書又は外国人登録済証明書

住所に変更のある場合
新住所を確認できる書類1通
(住民票の写し、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物など)


更新期間前に更新手続きを行う場合
海外出張や入院などのやむを得ない理由がある人は、特例的に更新期間前に手続きをすることができます。

申請に必要なもの
上記更新申請に必要なものの他、期間前更新の事由を証明する書面が必要です。
・海外渡航予定の方は、パスポート、船員手帳
・入院又は出産予定の方は、診断書又は母子手帳
・その他、出稼手帳、出張命令、申立書など


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転免許証の更新 有効期限切れ(失効免許)

運転免許証の有効期限が切れてしまった場合の手続きをご案内します。
せっかく取得した運転免許です。
期限が切れたからといって、そのまま無くしてしまうのはもったいない!

また、免許証の有効期限が過ぎてから運転すると無免許運転になりますから、
できるだけ早く手続きしてくださいね。


うっかり失効した場合
6か月以内
学科試験と技能試験が免除され、適正試験に合格すると交付されます。
6か月を超えて1年以内
大型免許、普通免許は仮免許の学科技能と技能試験が免除されます。
1年を超えた場合
試験の免除などが無いので最初から取得する必要があります。

やむを得ず失効した場合
6か月以内
学科試験と技能試験が免除され、適正試験に合格すると交付されます。
※やむを得ない理由の証明書があれば免許は継続していたとされます。
6か月を超えて3年以内
やむを得ない理由が解消されてから1か月以内に申請すると学科試験と技能試験が免除されます。
※やむを得ない理由を証明できる書類の提出が必要です。
3年を超えた場合
試験の免除などが無いので最初から取得する必要があります。
※平成13年6月20日より前にやむを得ない理由が発生している場合には、
運転免許試験場、運転免許センターに相談して下さい。



申請に必要なもの
運転免許申請書等(受付場所でもらえます。)
失効した運転免許証
更新連絡書
写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、6ヶ月以内のもの)
  ※仮免許申請をする人は2枚必要です。
本籍欄記載の住民票1通(コピーではいけません)
外国人の方は外国人登録証明書
特別な事由がある方は証明書類
  ※パスポートや診断書など、特別な事由を証明できるものが必要です。
講習終了証明書
  ※高齢者講習または特定任意講習受講済みの人のみ。
申請手数料
・二種免許 2,100円
・普通免許 2,050円
・その他の免許 2,050円
  ※申請種目が増えるごとに加算されます。
交付手数料
・仮免許 1,200円
・その他 1,650円
  ※1種目増えるごとに200円加算されます。
講習手数料
・優良運転者講習 700 円
・一般運転者講習 1,050 円
・違反運転者講習 1,700 円 
・初回運転者講習 1,700 円
印鑑


運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

免許センターの手続き 運転免許証の更新 他の都道府県で更新

優良運転者の人は住所地の公安委員会の各更新窓口だけでなく、異なる公安委員会を経由した更新手続きができます。
優良運転者だけの特例で、経由申請といわれる処置ですが手続きに必要なものが少し増えます。
更新手続きは誕生日までの1か月間と期間が短くなりますから、特に事情が無ければ住んでいるところで更新した方が負担は少ないでしょうね。


申請に必要なもの
経由申請書(受付場所でもらえます。)
運転免許証更新申請書(受付場所でもらえます。)
運転免許証
運転免許証更新連絡書
※優良運転者に該当することが記載された住所地管轄の公安委員会発行の更新連絡書(ハガキ)
写真1枚(縦3.0cm×横2.4cm、6ヶ月以内のもの)
講習終了証明書
※高齢者講習又は特定任意講習を受講済の方のみ。
申請手数料
・経由手数料    600円(申請先の都道府県収入証紙)
・講習手数料    700円(申請先の都道府県収入証紙)
・更新手数料
  一般の免許証  2,100円(住所地を管轄する都道府県収入証紙)
  IC免許証   2,550円(住所地を管轄する都道府県収入証紙)

※手数料の納付は都道府県の収入証紙を使用します。
経由手数料と講習手数料は申請する都道府県の証紙を使用しますが
更新手数料については住んでいる都道府県の証紙でなくてはいけません。
場合によっては郵送してもらうなどの処置が必要になります。

※優良運転者であることを確認するため、運転免許証更新連絡書が必ず必要です。
コピーやFAXでも大丈夫なので必ず用意してください。



運転免許センター 各種手続き案内へ

運転免許センター 各種手続き案内

運転免許センター 各種手続き案内

運転免許センターで手続きできる申請内容を案内します。

運転免許の試験や運転免許の更新のほかにも手続きできることが
ありますから覚えておきましょう。

運転免許証の更新 有効期限内
更新期間内の更新のほか、やむを得ない理由で更新期間前に更新する場合の手続きです


運転免許証の更新 有効期限切れ(失効免許)
うっかり失効した場合や、やむを得ず失効した場合の手続きです


運転免許証の更新 他の都道府県で更新
住所地以外の都道府県で運転免許証の更新をする場合の手続きです


運転免許証の再交付申請
運転免許証を紛失したり、汚損・破損してしまった場合の手続きです


運転免許証の記載事項変更
住所の変更や婚姻などによる氏名が変更になった場合の手続きです


運転免許試験の申請
運転免許の試験を受けるための申請手続きです


国外運転免許証交付申請
海外で自動車を運転するために必要な免許証の申請手続きです


外国免許の切替え申請
運転免許を外国で取得した人が日本国内で運転するための申請手続きです


運転適性相談
聴力や運動能力などの運転適性に心配がある人のための相談窓口があります

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。