運転免許センター つれづれ

ゴールド免許継続!


運転免許更新に行ってきました。
前回がゴールド免許だったので5年ぶりの更新ということになります。

おかげさまで今回もめでたくゴールド免許取得です!

更新のハガキがを持って意気揚々と免許センターへ・・・
なんせこちとらゴールド免許だぜ!
へへっとばかりに優越感丸出しで入っていくと、ワラワラと優良運転者がてんこ盛り状態。

考えてみたらペーパードライバーは、みんなゴールド免許なんですよね。
それまで抱いていた優越感がナヨナヨと消え失せてしまった・・・

しかし、まぁそれはそれ。
ゴールド免許には変わりないわけです。
難なく30分の講習を受けてめでたくGET!

免許センターの受付時間と講習の開始時間を調べておいたおかげで家を出てから2時間あまりで
帰ってこれました。

やっぱりゴールド免許っていいですね。
特に優良運転者というわけではないのですが・・・(汗)

5年間の無事故・無違反。
期間を考えるとちょっと大変ですが、その価値は十分にあると思います。
5年後もゴールド免許をもらえますように(祈)

運転免許センター つれづれ

運転中の携帯電話〜甘く見てはいませんか?

運転中の携帯電話、甘く見てはいませんか?〜運転免許センター案内

自動車の運転中に携帯電話を使用して道路交通法違反で検挙される件数が急激に増えているようですね。
中には検挙した警察官に暴言を吐いたり、反則金を払わずに裁判までいってしまう例もあるとか。
警察官に目撃されているにもかかわらず、とぼける人も多いと聞きます。
本人が何を言っても、ダメなものはダメ!なんですけどね・・・

1人1台とまで言われるまで携帯電話が普及して、生活から切り離せないようになってきている今、もう一度考えてみる必要があるように思います。

管理人が運転している時にも、通話したりメールを打っている人をよく見かけます。
ほとんどの場合は基本的に放置ですが、極端に迷惑運転している人であれば、容赦なくクラクションを浴びせます。
逆ギレして煽ってくる尻の青い兄ちゃんとか時々いますが、知ったこっちゃありません。
正義感を振りかざすわけではありませんが、人に迷惑かけられて黙っているほど大人ではありませんから・・・
よほどのことがない限り、喧嘩になったことはありませんよ(笑)

人に迷惑かけちゃいけませんって幼稚園で習いましたよね。
迷惑かけるだけじゃありません。
本当に危ないですから。

2004年11月の道交法の一部改正によって、走行中に携帯電話を使用すること自体が罰則の対象になりましたよね。
でも、その後に起きた交通事故には、走行中の携帯電話の使用が原因になっているものが少なくないと思います。
ほとんどは、『前方不注意』の言葉で片付けられていると思いますが、どのくらいの件数に関係しているんでしょうね?

『バレなければいい』『捕まらなければいい』という考え方では、いつかひどい目に遭いますよ。
自分も含めて、自動車による不幸な人を生み出さないためにも、もう一度考えてみてほしいものです。

運転免許センター つれづれ

ゴールド免許が危うく金メッキに・・・

管理人がこよなく愛するゴールド免許・・・
そのゴールド免許が、危うく、金メッキになってしまうところでした。

どういうことかというと・・・

走行中にバーストしたんです。タイヤが!
こんなことは始めてのこと。

いきなり右側に強く引っ張られる感覚があり、ステアリングを左に切るも戻ってはくれません。
異常を感じてすぐに車を止めたのですが、右側のフロントタイヤがバーストしてました。

どうしてこんなことに・・・?
そう思ってタイヤを見てみると、ドテッパラに大きな穴が開いてるんですよ。
何かを踏んづけた記憶もないんですが、しばらく走っていた矢先のことなので、誰かのイタズラとも思えません。

1年前にまるごと履き替えたばかりだったのに・・・(泣)

とりあえずスペアタイヤに交換して急場を凌いだものの、仕事帰りに近所のイエローハットさんへ。
残ったタイヤの溝がちゃんとあったので、1本だけ交換する予定でしたが、なんと製造中止になっていて同じのが無い!
1本だけという選択肢もあったんですが、どうも気持ち悪いのでフロントの2本を替えてもらいました。

福沢さんが団体で旅立って行く〜(泣)

でも、そんなことより、事故が起こらなかったのが奇跡のようなモンです。
走っていた道路は片側2車線の幹線道路です。
左側を走行していたんですが、右車線に車がいたら間違いなくぶつけていました。

交通事故=ゴールド免許→金メッキ免許
保険使用=等級が3段階ダウン

それを考えたら、福沢さんが何人かいなくなった程度で済んだのは、不幸中の幸いですよね。
これも日頃の行いが良いから・・・(オイ)

だけど、運転している間は何が起きるかわかりませんから、あなたも十分に気をつけてくださいね。
福沢諭吉さんや樋口一葉さんとの別れを惜しんだが故に、危険な目にあったりしないようにしなきゃいけませんよね!

運転免許センター つれづれ

金メッキ免許って何?(笑)〜自動車運転免許センター案内

金メッキ免許って何?(笑)〜自動車運転免許センター案内

ゴールド免許について見ていたら、『金メッキ』という言葉が見つかりました。


以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

ゴールド免許の人が違反をしても次の更新まではゴールド免許のままである。
こういう状態を俗に「金メッキ」という。
これは確かに見た目はゴールド免許ではあっても、実態は無事故無違反でないからである。

あはははは・・・
おっしゃるとおりでございます。
なるほど、金メッキね〜
うまいこと言う人がいるもんです(笑)

でもまぁ、ゴールド免許そのものが過去の実績を反映しているだけだから、金メッキもゴールド免許も次の更新までは変わらないわけで・・・
『ゴールド免許』→『金メッキ』になった時のショックは相当なものでしょうけど(悲)

でも決して他人事ではありません。
ゴールド免許を持っている人だって、全く違反をしていないという人の方が珍しいんじゃないでしょうか?
運転している限り、いつ金メッキになるかわかりませんが、毎日の運転を十分に注意しておきたいものですね。

運転免許センター つれづれ

台湾の運転免許が日本で有効に! 改正道路交通法

台湾の運転免許が日本で有効に! 改正道路交通法

改正道路交通法によって、台湾の運転免許が日本国内でも有効になったわけですが・・・

大丈夫なんでしょうか?

観光客の誘導に効果的だと喜ぶ声もありますけどね。

運転免許を持っているとはいいながら、日本の道路交通法を熟知していない運転者が走りまわることになるかと思うと、ちょっと怖いですよね。

北海道の観光関係者の中には喜んでいる人も多いのかも知れませんが、交通事故が発生した場合に、自分の家族が当事者になりでもしたら、喜ぶどころの騒ぎではなくなるでしょうね。

 

地元の観光関係の人・自動車保険関係・取締りをする警察関係などなど。

日本語が通じない相手に対して、どのように対応するかということを早い段階で考えておいてほしいものです。

 

彼らが事故を起こしても巻き込まれたくない、というのが管理人の本音です。

レンタカーを見たら近寄らないようにしようかな・・・

運転免許センター つれづれ

台湾でも日本の運転免許証有効になったんですね

台湾でも日本の運転免許証有効になったんですね(汗)

改正道路交通法の施行で、9月19日から台湾の運転免許証を日本でも使えるようになりましたが、台湾でも9月21日から日本の免許証による運転を認めることになりました。

相互主義の国際慣行に沿った形になったわけですが・・・

 

普通の日本人が普通に運転できるんでしょうか?

市街地をバイクが猛スピードで爆走する土地柄ですから、運転のマナーなんて、どうなってるのかわかんないですよね。

 

交通事情が違う国での運転には自信がない管理人です(恥)

というのも、以前旅行で海外に行ったときに強烈な違和感を覚えたからなんです・・・右車線走行ということに。

 

まして事故を起こしても、自分の正当性を訴えることなんて管理人にはできません。中国語を話せませんから!(キッパリ)

家の周りをチマチマと運転している方が、性に合っているんだろうなぁ。

国際化と正反対の方向を向いている管理人でした。

 

ちなみに台湾で運転するためには、所定の翻訳文を取得する必要があります。

日本で取得するときは3300円、台湾では600台湾元が必要です。

 

運転免許センター つれづれ

高齢者の交通事故が急増しています

高齢者交通事故が急増しています。

高齢者の交通事故原因としてまず挙げられるのが、ドライバーの前方不注意!
ほとんどの場合が、この前方不注意といわれています。

その理由として考えられているのがやはり、年齢からくる判断力や視力などの低下ですよね。
年齢を重ねていることによる分別がついているせいか、飲酒運転や速度違反が原因と考えられる交通事故はあまり多くありません。

全国各地の運転免許センターや警察署では、高齢者を対象にした講習会やキャンペーンを実施していますが、参加する人はまだまだ少ないようです。
自分の運転能力への過信があるのかもしれませんが、身体能力・判断能力の低下は確実にやってきます。
能力の衰えがどの程度なのかは把握しておく必要があるでしょうね。

また現在のところ、認知症が原因と考えられるケースは少ないようですが、今後認知症の老人が運転免許を所持する可能性を踏まえて、2009年以降は、75歳以上の免許更新時に「認知機能検査」が義務づけられることになっています。

8年後には高齢者の運転免許所有率が、現在の1.5倍になるともいわれている現在、早急に対処が必要なのかもしれません。

運転免許センター つれづれ

自動車運転免許センター案内 ごあいさつ


運転免許センターはドコ?@自動車運転免許センター案内へようこそ!

ここでは全国のの運転免許センターを、ご案内しています。
運転免許センターでは運転免許の更新手続き、運転免許の再交付手続き、記載内容変更の他、運転免許に関する講習なども行ないます。
運転免許を持っている限り一生の付き合いになりますので、自宅近くの運転免許センターは、しっかり確認しておきましょうね。

運転免許試験場・運転免許センターの一般的な名称だけでなく、愛称で呼ばれているところについても記載してみました。
これから順次、営業日や受付時間を更新していきますので、役に立ちそうだと思ってくれた方は、お気に入りに登録しておいてくださいね!

あなたの運転免許手続きがスムーズに行くよう、カーライフがすばらしいものになるよう頑張りますので、応援宜しくお願いします。


※当サイトは管理人個人が運営しているサイトです。
 随時更新を心がけていますが、移転・営業日などの変更があった場合にはご了承ください。
 コメント欄から御一報いただけると幸いです。


北海道・東北の免許センター
北海道青森岩手宮城秋田山形福島

関東の免許センター
東京神奈川埼玉千葉茨城栃木群馬山梨

北信越・中部の免許センター
新潟長野富山石川福井愛知岐阜静岡三重

関西の免許センター
大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山

中国・四国の免許センター
鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄の免許センター
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

トラックバック・コメントは基本的に大歓迎ですが、当サイトに関係の無い記事やアダルトサイトからのものは予告無く削除させていただくことがありますのでご了承ください。
なお、トラックバック・コメントを頂いた場合には、お返事を返させていただくことがありますので宜しくお願いします。


当サイトでは記事の一部を、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しています。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。